PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

G11 Vol.1


今更ながら、G11を開始しましたよー('(゚∀゚∩
毎度のスローペースでだらだら続くと思いますが宜しくお願いします。


まとめページはこちら

※ネタバレあり



ある日、ログインするとムービーが流れました。
タラの蔵書室に見慣れない男性が一人。
何をしているのかと見ていたら、


何処からか変な音が聞こえて・・・・












という話が1年前にあったんです。
いやぁ懐かしい。


で、こんなクエストを受けていました。
1年も経ってるとアイラもクエストを送った事自体忘れてそうですが、そこはファンタジーライフ。
時の流れなど気にせず話が進められるのです。


少し前から書籍商であり図書収集家としても有名なブキャナンおじさんと連絡がつかなくなり心配です。
新刊を送ってくれると約束してから随分経つのに、連絡がつかないんです。
タラからいらした方々に聞いた所、タラの書店も店仕舞いしたそうですし…。

お願いがあります。
ブキャナンおじさんが無事がどうか調べてくれませんか?


今回最初のクエストは、どうやら人探しのようですね。
そして先ほどのムービーで見た男性はブキャナンさんらしい。


アイラから通行証を受け取り、手がかりを探しに図書館へ向かいます。







普通の図書館と違って水晶玉が無いんですね。
まぁ、今は手がかりを探す事が目的ですし、とりあえず本棚を漁ってみましょう。



どれどれ、何かあるかな?


『修理を失敗しても修理代を貰う方法』 - ファーガス


・・・うん、絶対違うよね。
こっちの本はどうかな?


『ジャイアントの身体比率についての考察』 - マヌス


これも違う。
じゃあ、この本かな?


『染色アンプル価格変動報告書』 - エヴァン


・・・・・・また今度読もう。

それにしても、まさかNPCがこんな風に本を出していたとは思いませんでしたね。
とりあえずファーガスは本を書く前に修理技術の参考書とかを読むべき。

・・・とか考えていると、何かを見つけました。


ブキャナンの図書カードのようです。
手がかりになるのかな?
アイラに見せてみましょう。



これは…ブキャナンおじさんの物だと思います。
え~っと……おじさんが借りた本のリストが書かれているのですが…
暫く沢山借りてて、ある時からぷっつり切れてますね。
う~ん…何だか難しそうな本です…。
パルホロン…?
古書で見たような名前だけど…よく判りません…難しくて…すみません…。
これらの本がどういう物なのか私にはよく判らないです…う~ん…。


パルホロン・・・・・・の幽霊っていう影ミッションならあったっけ。
何か関係あるんでしょうか。

そうだ、確かタラ王城に蔵書館があったはず。
私は一度も行った事が無いけれど…聞いた話によると物凄い量の本があって
その規模はなんと!エリン最大だそうです!!
ブキャナンおじさんがパルホロンに関する本を探していたのなら、
間違いなく王城の蔵書館も一度くらいは訪れていると思います。
蔵書館には詩人としても有名な蔵書館長のおばさんがいらっしゃると聞きましたが…
何という名前だっけ…う~ん…
とにかくそのおばさんを訪ねて一度聞いてみてくれませんか?
ブキャナンおじさんについての手がかりが見つかるかもしれません。
お願いします。


そして蔵書館のおばさん、もといアルジェラの下へ。


ふむ…ブキャナンさんについて気になって訪ねてきたのですね。ふむ…
ダンバートンのアイラなら私も知っています。
小さな都市で書店をやっているそうですが、
此処は本が好きな人々が沢山出入りするので、あの子の話も何度か聞きました。

しかし、私はまだLatviaさんが本当にブキャナンさんの事を心配して訪ねてきたのか、確信が持てません。
ブキャナンさんは私にとっても長い付き合いの友人です。
見ず知らずのLatviaさんにブキャナンさんについての情報を簡単に渡す事はできない事をご了承下さい。


ですよねー。

…こうしましょう。
Latviaさんが私に誠意を見せてくだされば、Latviaさんを信じて情報を差し上げます。
このモノクルを差し上げますので、王城の影世界へ行って、
どんな物でもいいので古書を見つけて私に持ってきて下さい。
影の世界で手に入る本は様々な種類があります。
その中のどんな物でもいいので、この蔵書館に寄贈してくだされば、
Latviaさんにもそれに見合った報酬を差し上げます。
…損する事ではないと思いますよ。


なんと15万で販売されているモノクルをタダでくれるアルジェラさん。マジ太っ腹!!





なんて思ったら取引・修理不可、耐久2という物でした。
どう見ても試供品です。




さて、情報を得る為に古書を探さねば。
ミッションや難易度は自由に決められるようなので、えーと・・・・・。

じゃあ適当にポウォールの襲撃(中級)で良いかな(´∀`)











全然良くなかった。

王城ミッションは普段全く行かないので、何処で何が出るのか判らなかったんです・・・/ ,' 3 `ヽーっ
よりによってシャドウウィザードばっかりとかマジ泣きたい。むしろ泣いた。
高級やハード選んでたら間違いなく詰んでたね!


ウィザード達に振り回されながら、やっと見つけた一つの古書。
この時点でもう残り時間5分でした・・・。
勿論クリアは無理でしたが、古書を寄贈する事が目的なのでさっさと脱出し、
拾った古書を寄贈→アルジェラと会話します。


Latviaさんが示してくださった努力に私もお答えしませんとね。
さあ、これはブキャナンさんの蔵書館図書カードです。
うちの蔵書館で借りた本が記録されています。
ブキャナンさんとの付き合いで便宜上私がいつも預かっていたんです。
このカードと私が差し上げる影ミッションを持ってタラの祭壇に行き影世界に入ってみて下さい。
最近、ブキャナンさんは影の世界で何か夢中になって調査していましたので、
恐らくそこにいらっしゃるはずです。
この図書カードがブキャナンさんとLatviaさんを繋いでくれる手がかりになるでしょう。



入場用の図書カードとミッションを頂きました。
王城ミッションは好きじゃないんだけど、此処が舞台だから仕方ないですよねー(ノ∀`)
とりあえず、影世界に居るらしいブキャナンを探しに行きます。


影世界に入るとゲートホールに敵が。
ブキャナンを探す為にも倒さなければなりませんね。
まぁ、数も少ないし大丈夫だろう。








全然大丈夫じゃなかった。

ビーパーが出るとか聞いた気もするけど聞いてないYO!!
いやもう本当ビーパーは勘弁して下さい・・・。
ハードだから即撃破出来ないし、飛ばれたら何も出来ないし、壁無いからビーム防ぐ事も出来ないしorz
正直こいつが一匹居るだけで難易度急上昇してると思います・・。


結局ナオサポ2回も使う羽目になりましたが、変身してなんとかビーパー撃破。
次は何が出るのかなと思ったら






久しぶりだな…








( ゚д゚)







(゚д゚)







( ゚д゚)




な ん か 出 た




あまりにも予想外の登場だった為に変なポーズで固まる光の騎士。





今回は普通のNPC扱いらしい・・。話しかけてみましょう。


警戒する事はない。
私はポウォールの王としてミレシアンと敵対する為に姿を現した訳ではない。
カリバーンの災いが始まりつつある事を警告する為に来たのだ…。

カリバーンはクルクレの心臓と一つになり、ようやく完全な形態を持つようになった。
絶対神アートンシミニの手先からもたらされたカリバーンは、
この世界を創造した最初の鍵であると同時に、この世界を完全に消滅させる最後の鍵となる。

今までポウォールがカリバーンを確保しようと躍起になっていたのは、
ポウォールの理想を追っていただけで、この世界を消滅しようとしていたからではない。
…カリバーンは終末に向かっている。
カリバーンはお前らミレシアン達の血だけでなく、
我々ポウォールと神族の血まで要求するようになるだろう。

消えた種族パルホロンを知っているか?




タラで栄えた古代の種族、パルホロン。
彼らはカリバーンから発生した疫病により、
わずか1日で全滅してしまった。


パルホロンの屍が散らばったタラトの大地で、
災いの歴史が再び繰り返されようとしている。


覚えておけ。
神族の力を受け継いだ者には、世界の終末に立ち向かう義務があるという事を…。





話が終わると同時にミッションクリア。
そういえばG10で半神化スキル吸収したから、神族の力を受け継いでる事になるんですね。
・・まさか「神族の血」ってのに俺も含まれるなんていうのはないよな。

いやー、しかし驚いた。
いつもムービーでしか会えないキホールが普通に出てきたのにも吃驚ですが、


個人的にはキホールに名前で呼んでもらえたのが衝撃的で、同時に嬉しかったヽ(*´∀`)ノ
毎度毎度「ミレシアン」としか呼ばれなかったからね!
キホールの好感度がアップしました。







現実世界に戻って、そういえばブキャナン居なかったなぁと思いながらアルジェラに報告。

ちょうどLatviaさんを捜していました。
Latviaさんが此処を発たれてから、
私の差し上げた図書カードがブキャナンさんの物ではなかったという事実が発覚したのです。


ΩΩ Ω な、なんだってー!?

正確に申し上げると、
ブキャナンさんの図書カードが今何処にあるのか私も把握できていない状況です。
そもそも蔵書館の管理をまともに出来ていない私のミスが大きな原因と思うでしょうが、
何故このような事が起きたのか訳が判りません…。


うーん、貰った図書カードはキホールが俺を誘い出す為に用意した偽のカードだったとか?
でも神族って神出鬼没だから何処でも会えそうだよね。


影の世界で会ったというキホールを完全に信頼する事は出来ませんが、
最近王城で起きている様々な出来事を見ていると何だか不安になります。
ブキャナンさんの失踪も、もしかしたら影の世界と何か関係があるのか…とても心配です。


ただの人探しクエストかと思ってたのに、なんだか雲行きが怪しくなって参りました。




to be continued...








@オマケ@







NPCとして登場し、会話終了後も残ってたキホール。
こんな貴重な機会を逃す訳にはいきません。
記念撮影開始!!ヽ(゚∀゚)ノ




横!



後ろ!



ダチョウ!



ユニコーン!



ペリカン!!







NPCとペットを合体させるのは、もはや恒例行事(´∀`)
今回もたっぷりSSを撮らせて頂きました。
個人的にはやっぱりペリカンが一番良いと思います。
持ってて良かったペリカン。










| マビノギ | 14:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://asayake2.blog107.fc2.com/tb.php/589-119ee78c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。