PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

もうひとつのホワイトデー

もうすっかり過ぎちゃったネタだけど、勿体無いので投稿するよ!



この物語は1割くらいフィクションです。


・・・それは3月の14日、ホワイトデーの出来事。



ねぇダーリン知ってる?
ホワイトデーにしか入れないっていう伝説のダンジョン

あぁ、知ってるぞ
なんでもそのダンジョンの最深部には、
一緒に着ると永遠に幸せになれるという伝説の服があるらしいな


そうそう、それ!
ちょうどホワイトデーだし、探しに行ってみない?

そうだな・・・・よし、行ってみるかハニー

やったー!





・・・今年も伝説を信じるカップルが一組、ラビダンジョンへと向かっていくのでした。



男性の名前はMarshal。
フレイマーが得意な錬金術師です。


女性の名前はLatvia。
ちょっと腕っ節の強い人です。

二人は力を合わせ、ダンジョンを攻略していきます。



モンスターが固まっている所ではMarshalのフレイマーが大活躍。
とても心強いですね。



さっすがバケモn・・・・・ダーリン!

はっはっは、きんにk・・・・・ハニーには敵わないさ

HAHAHA  HAHAHA


仲の良いカップルです。



ところが奥へ進むとゾンビが現れました。
彼らにはフレイマーが効きません。
Marshalは困りました。



助けてハニー!

やーよダーリン


おやおや、彼女は面倒な事が嫌いなようです。



Marshalはフローズンブラストを使って戦う事にしました。
Latviaは一生懸命戦う彼を応援します。



やれば出来るじゃないダーリン!

かなり面倒なんだぜハニー・・・


多数のゾンビからの攻撃を受けながらも、Marshalは全てのゾンビを倒す事が出来ました。
Latviaは急いでボロボロになった彼に包帯を巻きます。



負傷ひでぇw

俺はダーリンを助けないハニーがひでぇと思ったよ


本当に仲の良いカップルですね。



ゾンビが沢山出てくるこの場所で、Marshalだけが戦うのは大変です。
彼の勇姿を眺めていたLatviaも参戦する事にしました。



あぁ、なんという事でしょう。
Latviaの武器が壊れてしまいました。



木の棒がぶっ壊れた(´・ω・`)

カワイソス(´・ω・)

か弱いこの俺に素手で戦えというのか!!

えっ

えっ











険しい道のりでしたが、二人はついにダンジョンの最深部に到着しました。



此処に居るシングルゾンビを倒すと服が貰えるんだってさ

では、さっさと倒して頂くとしよう





やーい、屍ー(゚∀゚)


流石ダーリン、いじわる

こういう事だけは任せろ


Marshalはシングルゾンビをフレイマーでじっくりじわじわ焼きます。
Sですね。




やーい  やーい


Latviaも石投げで参戦します。
Sな二人ですね。



その後、シングルゾンビを撃破しましたが、残念ながら伝説の服は見つかりませんでした。



金貨・・・

(´・ω・`)


二人は祭壇に戻り、もう一度ダンジョンを攻略する事にしました。








Marshalが2階層に入ると、先に降りていたLatviaが3匹のゾンビに狙われてるじゃありませんか。
愛する彼女のピンチです。



俺に任せろハニー!


そういうとMarshalは駆け出し








[> /鑑賞




・・・・・・(゚д゚)



部屋の隅に座り、笑顔で手拍子をするMarshal。
彼は彼女を助けるどころか逃げてしまいました。
これにはLatviaも開いた口が塞がりません。



しかし、これはMarshalの作戦だったのです。







なんとゾンビ達がMarshalの下へ向かっているではありませんか!
そう、Marshalはジャイアント専用スキルであるタウントを使って、敵を誘導していたのです。
逃げたと見せかけて実は助けていたなんて、スゴイ人ですね。



ゲェー!こっちに来てる!?


慌てる演技までするなんて、可愛い人ですね。



しかし、相手はゾンビです。
倒すのが大変だという事は、Marshalが誰よりも一番判っています。
彼はゾンビを引き付けた後、どうやって倒すのでしょうか。





なんという事でしょう。
集めたゾンビを全てLatviaの下に送り出しました。
これには彼女もビックリ。




せっかく命拾いしたと思ったのにっ・・・と、Latviaは泣きながらウィンドミルを使います。
おかげで全てのゾンビを撃破出来ました。
結果オーライというやつでしょうか。

・・いえ、もしかしたら、
Marshalはこうなる事を予想してゾンビを押し付けたのかもしれません。
侮れない男ですね。








どうした事でしょう。
部屋の扉が閉ざされ、二人が離れ離れになっています。
どうやらLatviaが箱を開けた時、Marshalが部屋に入っていなかったようです。
開けるのが早かったのか、入るのが遅かったのか、それは定かではありません。



おのれゾンビめ、ハニーを独り占めする気だな!?

こいつら全員♀だと思うよ

ハニーにそんな趣味があったなんて・・・

誤解だっ!!



そういう趣味なのか、それは定かではありません。








最後の部屋に辿り着き、再びシングルゾンビと戦います。

ライアン・・・それはシングルゾンビが生きていた時の名前。
愛する人に振られ、その後戦場で無念の死を遂げた彼は、
このダンジョンを彷徨う悲しいゾンビとなってしまったのです。



ライアン!目を覚ませ!

正気に戻るんだ!

彼女はもう戻ってこない!諦めるんだ!

ダメだ、全然聞いてない・・・


必死にライアンに呼びかけますが、反応はありません。







彼女は俺が奪ったんだ!!


ΩΩ Ω な、なんだってー!?



此処でMarshalから衝撃の告白。
なんとライアンの彼女を奪った張本人だったのです。



俺の仮の姿がイケメン過ぎただけだ!俺は悪くない、許して欲しい!

ダーリン酷い!浮気してたの!?

すまない、風俗もバリバリだ

ダーリンマジひでぇ


これにはLatviaも怒り心頭ですが、


全てはライアンが悪いんだ!
ライアンが誘ったが為に俺は・・・どっぷり風俗にハマったんだっ!!


おのれライアンッ!!


いつの間にか怒りの矛先はライアンへ向いていました。
酷い話ですね。



ライアン、貴様は死んでも許さない!彼女の怒りを思い知るがいいっ!!

死んで償えっ

そしてゾンビになって彷徨ってしまえ!



あい・・・・にく?

肉違う


二人はフレイマーでライアンを焼き続けました。
怖いカップルですね。



そしてライアンは二人の愛の炎によって倒されたのです。



ライアン・・・安らかに寝やがれ・・・


でも肝心の服は今回も見つかりませんでした。


おのれライアン・・!




伝説の服を諦める事が出来ない二人は、何度も何度もダンジョンをやり直します。








何周目でしょうか、ついにLatviaが伝説の服を手に入れました。



キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

(´・ω・`)


しかし、残念な事にMarshalは服を見つける事が出来ませんでした。
この服は二人が一緒に着る事で初めて効果が現れるもの。
片方だけでは意味がありません。



一緒に幸せになる為に、二人は再びダンジョンを攻略します。
ですが、同じ場所で繰り返し戦うというのは精神的にツライもの。
「飽きる」とも言います。



そのせいでしょうか、Latviaがうっかり倒されてしまいました。
Marshalもビックリです。



ハニーが死ぬとは・・・


お、おのれライアンッ!!




この恨みぃ!!!

























流石ダーリン









[> /鑑賞

後で話し合おう




過去に体験した事があるような感覚。
これを既視感と言います。









その後、天罰が下ったのでしょうか、






ダーリン危ない!


なんと、今度はMarshalがやられてしまいました。



だああああありいいいいん!!



はあああああぬぃいいいいいいいっ!!








悲痛な叫びが部屋に木霊します。
















元気そうでなにより

任せろ







・・結局、Marshalの服を見つける事が出来ず、ホワイトデーは終わってしまったのでした。


おしまい
























あーあ・・・せっかくダーリンとお揃いの服着て幸せになれると思ったのに・・

その事なんだがなハニー
実はあの後、服を手に入れる事に成功したのだよ


え!マジで!?

あぁ、その証拠写真がこれだ







な?

わーほんt・・・・・ちょっと待って、何この女。まさか浮気!?

おいおい、よしてくれよw
誰も浮気してないなんて一言も言ってないじゃないか


(゚д゚)


因みに彼女の他にも2人、その内の1人は君の姉だ


Okダーリン、やっぱり話し合おう

ア リ ー ナ で な








THE END

| 物語もどき | 17:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://asayake2.blog107.fc2.com/tb.php/549-b5ab8448

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。